Leader Bikes

THE CURE COMPLETE BIKE

¥100,000


ー”THE CURE”の背景ー

「一年より少し前のこと、LEADER BIKEの創設者であり、C.E.O.のサルバドール・ロンブロッソ氏が膵臓癌に侵された。

精密検査後、サン・ディエゴのUCSDの癌研究施設で入院、治療が開始された。

世界的に膵臓癌研究で著名なUCSDのアンドリュー・ローウィー医師の元、サルバドール氏の癌は治癒に向かった。

今日、サルバドール氏の癌は完全に治癒され、そして彼は癌を治癒してくれたアンドリュー・ローウィー医師に捧げるため、「THE CURE」というモデルを創った。

きれいなライン、前下がりのパシューとジオメトリー設計によって創られた「THE CURE」は、アメリカだけでなく、日本やヨローッパ等、世界的に、このフレーム、完成車の全ての売上の一部をアンドリュー・ローウィー医師の新たな癌研究、治療薬開発の資金に寄付される。

癌に侵され、死の淵を彷徨い、それでも現代医療技術に救われたリーダーバイクC.E.O.の「同じように癌で苦しむ人が、この先一人でも助かってほしい」という切なる思いを含んだこの「THE CURE」 2014年秋、日本でも発売開始です。」

「全ての癌患者の治癒を願って」 - Salvador Lombrosso



ー”THE CURE”スペック詳細ー

カゲローのパシュート(前下がり)ジオメトリーを継承した次世代型フレーム。トップチューブが、湾曲していることによりより空気抵抗を抑えられ、またKAGEROのジオメトリーを採用することで、乗り心地も信頼のフレーム設計。

シートステー、チェーンステーの裏には、THE CUREのコンセプトである「CANCER RELIEF」のメッセージが刻み込まれている。

ダウンチューブは、CRETINよりも太い721、725と同じ太さのダウンチューブが採用され、存在感、高級感を演出。

2015年スポットカラーの「サックスブルー」は、カリフォルニアのアメ車を想起させるカラー。街で乗っているだけで、ヤシの木と青い空の非現実が、頭の片隅によぎる。

前下がりアルミエアロフレームの完成車は、日本のピスト業界初の試み。完成車でゲットして、それに飽きること無くカスタムし、自分なりのオリジナルスタイルを探求してほしい。



Specifications:

+